混浴などのオプションをつけてホテルでデリヘルを楽しもう

背中

京都のホテルにデリヘルを呼んだ時に注意して欲しいこと

笑顔の女性

富裕層の皆さん、もしくは臨時収入が入った男性はちょっとリッチなホテルにデリヘルを呼ぼうと考えたこともあるはずです。ラブホやビジネス向けホテルなどではなく、高級な雰囲気のホテルに呼ばれてしまったら女性もテンションが上がります。仕事で呼ばれているのに仕事のことを一瞬忘れそうなくらい感激してくれるかも知れません。
勿論デリヘル嬢として呼ばれたからにはしっかり性的なサービスをしてくれますが、リッチなホテルにデリヘルを呼んだ時に気を付けて頂きたいことがあります。それはお金を沢山持っていることを自慢しないことです。京都のホテルに呼ぶお客さんの中には「俺はこんなホテルで遊べるだけの経済力があるんだぞ」というアピールをされる方もいます。女の子はお金を持っている自慢をされると内心嫌だなと感じてしまいます。本当に富裕層な方よりも一時的にお金持ちになった人などにこの傾向が強いようですが、決してお金が沢山あることをアピールするような態度は取ってはいけません。
お金が沢山あることを自慢したいのであれば、ロングコースで入ったりオプションをケチらずに沢山付けてあげたりすることです。オプションを何も付けないなど、クーポンを使っているのにリッチなホテルに呼んだとしても何の自慢にもなりませんよ。

ホテルで利用したいデリヘルの混浴とは

店舗型の風俗店じゃないけどデリヘルで一緒に出来ることはずばり、お風呂に入ることです。自宅でもラブホテルでもお風呂がある所であればお願いすればデリヘルの女の子が一緒に入ってくれる可能性もあります。ベッドでプレイをするだけではなくお風呂に入ってお喋りをするのも本物の恋人のようで楽しいですよ。
ところでデリヘル店の中にはオプションに「混浴」と書かれている所があります。オプションに混浴が載っている店の場合、お風呂に一緒に入ることが不可能なのかと思われるかも知れません。これは場合によりますが、オプションの混浴というのはただ一緒にお風呂に浸かることを意味している物ではないということを理解しておきましょう。実は混浴というのは混浴プレイが出来るという意味です。プレイの内容は違いますが、お風呂に入ったままでフェラをしてくれたりローションでヌルヌルにしてプレイをしてくれたりする店もあります。
ソープランドではないのでスケベ椅子はありませんが、お風呂に入るだけではなく一緒にエッチなこともしたいという方は混浴オプションに注目してみて下さい。ラブホテルならスケベ椅子があるところもあるかもしれません。混浴プレイを楽しみたいのでしたらお風呂が大きなホテルの部屋でするのがゆったり出来るのでお勧めです。

デリヘルを遣えるホテルの探し方

自宅でデリヘルを楽しめない事情がある場合はホテルしか選択肢がありません。ホテル代はかかってしまいますが、自宅によりもホテルの方が清潔環境ですし、嬢にとっても安心して接客できる場所なので、デリヘルはホテルで利用した方が楽しめます。ただし、デリヘルを利用可能なホテル探しを行う必要があるため、多少手間はかかってしまいます。
しかし、見つけ出すことができればこれからずっと利用できるため、メリットは大きいです。デリヘルを利用できるホテルの探し方はより多くの情報を集めるしかないです。情報を集める方法は何でも良いので、自分に合った方法で実践することが大切です。デリヘル好きな友達や会社の同僚がいるとすぐにでも安全に利用できるホテルを教えてもらえます。しかし、風俗に関することで人に質問をするのは余程信頼がなければ難しいでしょう。
そのため、ネットで情報を集めるのが無難な方法です。ネット上にはデリヘルで利用可能なホテルの情報が多く掲載されており、かなり具体的な内容がわかる場合もあります。ただし、ネット上の情報なので真偽については全て自己責任となるため、真偽の判断が難しいと感じる情報よりは信じられると確信を持てる情報を参考にしましょう。

update information

choices

TOP